ホームページをビジネスに活用すると得られる三つの効果

今や企業がマーケティング活動をおこなうにあたって、ホームページの導入は必須条件ともいえます。

ホームページをビジネスに活用すると、ネット経由で集客をすることができ、販売促進効果が期待できます。

また、ホームページを作成することで、会社の信頼度が上がります。

メールやブログ、動画機能などをつけておくと好感度が増し、ユーザーとコミュニケーションがとりやすくなります。

一つ目の効果・ホームページを持っていると会社の信頼度が上がる

インターネットが身近になり、何かを調べたい時や購入したい場合は、ほとんどの人が、まず、ホームページ上で情報を検索して商品の比較をします。

会社の所在地や経営方針、サービスなどが分かりやすくレイアウトされ、動画が入っているなど工夫されている親しみやすいホームページなら、信頼度がアップします。

効果的にホームページを活用できている企業は少ない?

時代の波に乗り遅れないようにとホームページを作ったものの、さほどメリットが感じられないようなら、改めて「何の目的でホームページを持つのか」「どのように活用したいのか」を明確に打ち出し、企業側にメリットが得られるようなホームページにリニューアルしませんか?

ホームページに古い情報が上がっていると企業のイメージダウンに!

ホームページの情報が長年定期的に発信され続けている会社は、広告効果が高い傾向にあり、同時に信頼度も高いといえます。

中小企業の7割以上がホームページを持っているといわれる時代ですが、何年もリニューアルされておらず、古い情報が記載されたままでは、せっかくのホームページかえって会社のイメージダウンになってしまいます。

また、ホームページに訪れたユーザーに「この会社大丈夫かしら?」と不安を与えてしまいます。

時代の流れにそった内容を盛り込みながら、ホームページ上での長期的なPRは、実直感がでて信頼度が上がります

どんな会社でもお客様が「この会社に任せれば問題がない」と思えるようなホームページを作成することが大事です。

二つ目の効果・ホームページによる販売促進効果は大きい

最近では新聞をとらない世帯も多く、情報はスマホやインターネットから得ている人がほとんどです。

新聞広告や折り込みチラシは、費用の割りにはターゲット層が絞りにくいようです。

また、ダイレクトメールは他社との比較ができないので、読むことすらせずに処分されてしまう運命にあるようです。

そんなことからも、持続的にPR効果が望めるホームページが、最も販売促進効果が大きく、コストダウンできる効率の良いPR媒体といえます。

ホームページだと新商品の追加や、販売完了になった商品情報を簡単に変更することが可能です。

インターネット上のメディアには ホームページのほかにもブログ、ツイッター、フェイスブック、ユーチューブ、ラインなどがありますが、これらも併用して使うことでお客様とのコミュニケーションがとりやすくなります。

新聞広告や折り込みチラシなども、もちろんPR効果はあるのですが、企業側からの一方的なPRのため、お客様とのコミュニケーションがとりにくい傾向にあります。

その点ホームページだと、お客様もメールなどで疑問点を尋ねやすく、会社側も説明しやすいため、居ながらにしてコミュニケーションがとれます。

三つめの効果・ホームページを作るとネット経由で集客をすることができる

ホームページのアクセス数は、店舗における集客数ともいえます。

SEO対策が集客につながる」と言ったことをよく耳にしますが、SEO対策とは検索エンジンの検索結果で上位表示を目指す対策のことです。

何かを調べたいときにYahoo!Googleで調べますが、その時に最初に出てくるのが上位ということです。

今日作成したホームページがいきなり上位になるわけではありませんが、ユーザーが求めている内容なら徐々に評価されます。

SEOで評価されるのは文字が主で、的確な情報をいかに分かりやすく文章にしてホームページを作成するかが検索順位を上げるキーワードとなります。

優れたホームページを作成すると、店頭でお客様を呼びこむ必要もなく、24時間ホームページで営業を続けてくれます。

現在では、無料でホームページを作成できるソフトが多数ありますが、趣味で作るのならともかく、ホームページを会社の顔として押し出すのなら、やはりプロの手を借りた方が無難で、集客につながります。

まとめ

中小企業の経営者もフリーランスもホームページの重要性を感じながらも、実際には取り入れていなかったリ、ホームページを作ったものの効果を発揮するほどでもなかったと、後悔している人もいるようです。

「とりあえず」と作成したままのホームページなら、見直すことで新たな集客が望めます。

インターネットで自社のホームページの存在を知ってもらうことが、集客と収益を得るためのはじめの一歩です。

自社のイメージにぴったりあったホームページを作成しましょう!