手書きチラシと写真チラシ反響はどちらが良かったでしょうか?

手書きチラシと写真チラシ反響はどちらが良かったでしょうか? 広告A 広告B さて反響はどちらが良かったでしょうか? 答えは最後に 広告には反応を上げる法則がいくつかあります。 広告の父と呼ばれる デイビット・オグルヴィの提唱 写真イラストを大きく使え! 3分の2が良いとされています。 これに従い作った広告が A 新聞にチラシを入れたので、新聞だけの反響です。 勿論地域により変わってくると思います。 何が言いたいかと言うと、結果はやってみないとわからないと 言う事です。いくら自分が良いと思っていても選ぶのはお客様です。 何パターンもやってみると良いと思います。 チラシも現在は反響が少ないと言われていますが、 チラシの印刷代金もだいぶ安くなってきています。 また、デザインも手書きで書く事も出来ます。 広告Aは当店のスタッフが買いた文字です。 自分が字が自信がなければ、うまい方にお願いすれば良いです。 アピールできるので、後日仕事を頂く事が 多々あります。 私はBが良いと思ったのですが 実際にはAの広告の方が反響が良かったです。 名刺・チラシなどは当社でも作成していますので ご興味があるようでしたらあれば是非ご検討ください