動画をビジネスに活用するメリット

 スマートフォンが主流となった今、動画の視聴は身近になりました。

そのため、動画は近年、個人や企業で幅広く用いられるようになりました。

企業が動画を取り入れるようになったのは、「一目瞭然」だからです。

文章だけでは分かりにくいこともありますが、動画だとたやすく理解できます。

この記事では、企業が動画を活用することのメリットを中心にお伝えします。

 

動画を活用する3つのメリット

 

動画をビジネスに活用するメリットは、ユーザーに気楽に見てもらえ、

短時間で多くの情報を伝えられることです。

また、リアル感が伝わりユーザーに興味を持ってもらいやすくなります。

その他にも動画には企業のPRとともに、SEO対策としても効果があります。

 

①動画はユーザーに気楽に見てもらえる

何かと忙しい現代人は、スキマ時間でサクッと情報を得たい人が多く、

1分間程度の動画に人気があります。

文章のみの記事だと、小さい文字を読む必要がありますが、

動画だと受動的に情報が得られるので瞬時に理解してもらえます。

 

②リアル感が伝わり視聴者に興味を持ってもらいやすい

写真や文章だけではリアル感に欠けますが、

動画だと視覚と聴覚から同時に情報が伝わるので、

ユーザーは具体的にイメージしやすくなります。

 

③動画だと拡散されやすい

動画は再生ボタンをクリックするだけで情報が得られるため、

利用者は増えています。TwitterやFacebookといった主要SNSでシェアされた

動画が拡散されると視聴者が増え、マーケティングにおいて、プラスの影響が得られます。

企業をアピールする動画も、拡散を意識した親しみやすい動画を作成することで、

人から人へと広がり、少ない費用で大きな収益を得ることも可能です。

自社(個人)で本格的な動画を作るには?

 

動画を制作するにあたっては、プロに頼む場合と自社(個人)でおこなう場合がありますが、

個人で制作する場合は次のような手順になります。

 

①動画を見てもらいたいターゲットを決めます。

②ターゲットに合ったコンテンツを決めます。

③動画のシナリオを作成します。

④撮影準備をして撮影をおこないます。

⑤編集して公開します。

動画を自社(個人)で作ると、カジュアル感があり親しみやすいものの、

センスが今一つだと多くの人に見てもらうことができません。

本格的な企業イメージを掲載する1分以上の公式サイトなら、

専門業者に依頼する方がよいでしょう。

当社 プレジャーリンクも動画作成を、パートナーと提携していますので

企画から撮影までご相談受けたまれます。

 

 

動画を企画する

ストーリー性のある動画を相手に送りたい場合は、

 

まずタイトルを決めましょう。

次に、これを誰に見てもらうか、ターゲットを決めます。

さらに目的を決めます。

動画を作成するにあたっては、タイトル、ターゲット、パーパス(目的)

を決めておくことはプロに依頼する際にも重要です。

 

3点を意識することで、締まった動画になります。

 

伝えたい内容をコンパクトにまとめる

おおかたの現代人はせっかちなので、何が言いたいのかよく分からない

ダラダラとした動画には長い間とどまることをしません。

最低限のボリュームで最大限の情報を伝えられるような動画作りを心がけましょう。

 

スマートフォンで動画を撮影する場合

動画の撮影方法はタブレットやビデオカメラなどを使う方法もありますが、比較的取り組みやすいのがスマートフォンです。

スマホで動画を撮る際は、縦向きで撮るよりも横向きで撮る方が適しています。

横向きで撮影すると、背景がはっきり映るので情報量が増え、臨場感も高まります。

スマホ動画は、録画ボタンを押した時のスマホの向きで動画が撮影されるので、

スマホが縦向きの状態で録画ボタンを押すと、その後横向きにしても

縦向きのままになってしまいまうので気をつけましょう。

編集したスマホの動画をTVやプロジェクターの大きな画面で再生して見ることもありますが、

全ての再生機器のモニターは横向きに再生されるようになっています。

 

動画を編集する

動画編集ソフトやアプリを使えば、撮った動画を切り貼りして1本の動画が作成できます。

自社(個人)で動画を編集する場合は、無料のソフトやアプリをネット上で探しましょう。

iMovieはiphone標準の無料動画編集アプリです。

その他、アプリをどこから入手するかわからない場合は、iOSなら「App Store」、

Androidなら「Google Play」からダウンロードできます。

iMovieは、ビデオ、写真、画像及びオーディオ形式の入力に対応しています。

その他にも、動画コンテンツの内容を検索エンジンにアピールすることや、

タイトルや説明文に動画に関する情報を盛り込むことも必要です。

 

動画を活用するデメリット

 

動画を活用すると様々なメリットがありますが、デメリットがないわけではありません。

動画はスマートフォンなどで手軽に撮影することができますが、

編集にはセンスがいります。

あまりにも素人っぽくクオリティの低い動画では、

どんなに優れた企業もイメージダウンになる場合もあります。

動画コンテンツの導入の際には、そのあたりのことも考え、

自社に動画コンテンツの制作ノウハウがない場合は、コストはかかりますが

外部のプロに依頼するのがベターかもしれません。

私自身も 編集をする動画 編集をしない動画と使い分けをしています。

まとめ

 

動画は、短時間で多くの情報を伝えられますが、企業イメージを良くする場合は

ユーザーに視聴してもらうためには、

クオリティの高いスマートな動画を配信する必要があります。

目的に合った動画を作成して、効果的にビジネスアピールをしましょう。