助成金、補助金

助成金、補助金 今年からはじめた 助成金支援 なぜ はじめたかと言うと 実際私が申請して 受給して とても 良かったと実感したからです。 と同時に今まで こんな良い制度があって使っていなかったのが 勿体なかったと思ったからです。 正直 知っているか 知らないかで 会社の収入が50万~500万以上変わってくる 知っている会社は抜け目なく申請しています。 受給できる助成金で 社員に研修を 研修を活かして会社の成長に 条件は  ・雇用保険、社会保険に加入していること ・半年以内に会社都合の解雇がないこと ・労働基準法違反をしていないこと 上記3つを「満たしている」ようであれば、99%の確率で助成金受給が可能です。 助成金・補助金という言葉を聞いたことのある方は多いと思います。 助成金は融資などと違い、返す必要のないお金ですが 各自治体や団体で規定や募集期間が違います。 また、一言で助成金と言っても研究開発や環境、 対象事業など目的別によります。 細かく調べてみると書ききれないほどの助成金制度があり、 審査から交付まで一定の流れがあり、 当然ですがその流れにそった申請を行わないと該当する事業や 業務を行っていても助成金を受け取ることができません。 身近な例を挙げると、転職活動などと一緒で自分から申し込まない限り向こうから、こ ういう制度があるから申請して下さいなどという 案内は一切ないので注意が必要です。 あとは、融資と同じぐらいにその 融資額が大きいところが多いです。 1000万円や3000万円など、中小企業の会社の 資本金に匹敵する額もあります。環境、研究・開発、NPO向けなど 様々な分野に助成金制度があるので、 よく調べてから申請を行いましょう。 対して補助金とは、 政府や地方自治体などが一般市民や民間企業などに対して交付する給付金です。 この補助金はどんなものにでも貰えるわけではなく、 日本で多いのは環境に配慮された機器や工事などです。 環境に配慮されている製品などはその分価格が高いことが多く、 普及促進のために日本には様々な補助金制度があります。 また、補助金は助成金に比べてその額は少額であることが多いです。 またこちらも返還の必要のないお金です。また、申請の期間は比較的短く補助金交付対象の例としては、住宅用太陽光発電システム、産業用太陽光発電システム、エコカーなとが挙げられます。 以下、いくつか補助金の制度について言及します。住宅用の太陽光発電の補助金として「住宅用太陽光発電システム設置補助金」があります。これは簡単に言うと、住宅に太陽光パネルを取り付けるとその分、補助金を出すという仕組みです。予算があってこそ出来る事業ということもあり年々その額は少なくなっています。 ここまで助成金と補助金について言及してきました。助成金は事業用、補助金は個人単位の物品用という風に分けて考えられます。また申請や審査などの手続きなどにも明確な違いがあります。そして、審査の難易度で言えば、助成金は活動目的などの要件等が合えば、受給できる可能性が高いものです。それに対して補助金は最初から予算が決まっており、予算そのものの上限が確定しているので申請しても受給できないことが数多くあります。助成金・補助金は使い分けて申請しましょう。